本展のみどころ

Exhibition Highlight
  • 1


    フェルメール《窓辺で手紙を読む女》を修復後、
    所蔵館以外で世界初公開!

    隠されていたキューピッドの画中画が姿を現した本作を、所蔵館でのお披露目に次いで公開します。
    修復後の姿が公開されるのは、所蔵館以外では世界初となります。

    修復前

    1657-59年頃 油彩、カンヴァス 83×64.5cm
    © Gemäldegalerie Alte Meister, Staatliche Kunstsammlungen Dresden,
    Photo by Herbert Boswank (2015)

    修復後

    1657-59年頃 油彩、カンヴァス 83×64.5cm
    © Gemäldegalerie Alte Meister, Staatliche Kunstsammlungen Dresden,
    Photo by Wolfgang Kreische

    フェルメールが風俗画に転向して間もない初期の傑作。窓から光の差し込む明るい室内で女性が何かの行為に没頭するという、フェルメールらしい構図で描かれている。
    右端のカーテンは、実際に絵を覆っている現実のカーテンのようにも見える。このような表現は当時流行したもので、若きフェルメールが他の画家の表現を意識しながら、自身の画風を模索していたことがわかる。
    修復により現れた画中画には、愛の神であるキューピッドが嘘や欺瞞を象徴する仮面を踏みつける場面が描かれており、誠実な愛の勝利を表すと考えられる。

  • 2


    《窓辺で手紙を読む女》修復プロジェクトの過程をご紹介

    © SKD, photo: Kreische/Boswank

    上塗りされた絵具層を慎重に取り除き、徐々に姿を現していくキューピッド。
    その修復の過程を、映像やパネル等でご紹介します。

  • 3


    ドレスデン国立古典絵画館が誇る17世紀オランダ絵画コレクション

    1633年 油彩、板 52.5×44cm
    © Gemäldegalerie Alte Meister, Staatliche Kunstsammlungen Dresden,
    Photo by Elke Estel/Hans-Peter Klut

    フェルメールだけでなく、レンブラント、メツー、ファン・ライスダールといった17世紀オランダを代表する画家たちの名品約70点を展示します。

ドレスデン国立古典絵画館とは

ドレスデン国立古典絵画館は、ドイツ東部ザクセン州の州都・ドレスデンのツヴィンガー宮殿の一角にある美術館。17世紀から18世紀にかけての2代のザクセン選帝侯のコレクションに始まり、15世紀から18世紀の絵画を多く収蔵し、特にルネサンス期、バロック期のイタリア絵画、17世紀のオランダ絵画、フランドル絵画が主要なコレクションとなっています。本展に出品される《窓辺で手紙を読む女》のほか、同じくフェルメール作の《取り持ち女》も所蔵するなど、ヨーロッパでもトップクラスのコレクションを誇っています。

ドレスデン国立古典絵画館
© SKD, photo: Kreische/Boswank